ホーム > 場面別写真撮影法 >

夕陽や夕焼けの上手な撮影方法

夕陽や夕焼けはまさにシャッターチャンスであったりします。

↑は夕陽をバックに友人に撮影してもらった写真ですが、夕陽の赤が強調されていてとてもドラマチックな写真になっていると思います。後程ご紹介しますが、こういう風にあえてシルエットで撮影するのも1つのテクニックですね。

普段撮影する際はほとんどオートでも良いと思うのですが、夕陽や夕焼けの写真はその綺麗な赤味を強調したりするともっと印象に残る写真になったりします。

ポイントはホワイトバランス

夕焼けの写真の一番のポイントはホワイトバランスかも知れません。

いつもはオートでいいと思うのですが、夕焼けの赤味を強調する場合はホワイトバランスを「くもり」や「日陰」などにするといいと思います。

「くもり」や「日陰」を使って撮影した写真はオートで撮影した写真よりも赤味が増してドラマチックな写真になりますので是非試してみてください。

では実際に撮影してみたいと思います。まずはオートで撮影。これでも十分綺麗な夕陽ですが・・・。

今度はホワイトバランスを「日陰」モードにして撮影してみました。すると夕陽の赤が強調された写真になりました。

それでも何だか赤くならない時は?

ホワイトバランスは「くもり」や「日陰」モードにしているのに、撮影した写真が何だかいまいち赤くならない時があります。

そんな時は露出補正の設定がどうなっているか確認してみるといいかも知れません。

露出がかなりプラスになっていると、明るい写真になってしまい夕陽の赤が強調されません。そんな時は現在の露出の設定よりも少しずつ下げながら数枚テスト撮影してみてください。露出を下げてゆくとより赤が強調されるようになると思います。

露出補正をマイナスにしてシルエットを撮る!

ホワイトバランスを設定しても思うように赤い夕焼けの写真にならないなぁ・・・と思った時は露出補正を使ってみるといいと思います。

具体的には露出補正をマイナスに設定します。

こうやって露出をマイナスにして人物を撮影するとシルエットが写ります。シルエットを写す時は、人物だとわかるようにして撮影する必要があります。あまりにも寄りすぎてしまうと人なんだか何だかわからなくなりますので、その点は注意するといいと思います。