ホーム > 交換レンズの基礎知識 >

レンズのクリーニング、メンテナンス用品一覧

レンズの汚れをそのままにしておくとゴミが写ってしまったり、傷の原因になったりしますので定期的にメンテナンスをする必要があります。

レンズのクリーニングですが、基本的にはゴミを取る→拭くという2ステップで行います。

1) ゴミを吹き飛ばす

レンズのクリーニングをする際はまず、ブロアー(空気を吹き付けてゴミを吹き飛ばす用品)を使ってごみを飛ばします。

最初にブロアーを使わないでゴミが付いたままレンズを拭いてしまうとそれが傷の原因になってしまうこともありますので。

2) 拭く

ゴミがなくなった時点で今度はレンズをクリーニング液などを使って拭きます。

後は鏡筒のゴミをはらったり、ふき取ったり、マウント部分の掃除という感じで進めてゆきます。

下記はクリーニングに使える用品になります。

HAKUBA レンズペン 3

おすすめ度:

1本は持っておきたいアイテム。

ペン型のクリーナーでレンズや液晶画面などをクリーニングするのに使えます。クリーニング液も必要ありませんし、何よりバックなどに入れて持ち歩くのに超便利です。

レンズペンのページで僕が使っているものをご紹介しています。

>> HAKUBA レンズペン 3

 

ブロアー

おすすめ度:

ブロアーは空気の勢いでホコリなどは払う道具でクリーニング用品として1個は所有しておきたいところです。

>> ブロアー

レンズクリーニングティッシュ

おすすめ度:

写真はレンズクリーニングティッシュの一例ですが、メーカーはどこでもいいかなとは思います。

レンズが汚れた際にさっと拭けるクリーニングティッシュは重宝します。個人的にはレンズペンの方が好みではありますが、クリーニングティッシュも1つ持っておくといいかも知れません。

使い捨てというのもポイントですね。絶対にレンズは傷つけたくない!という方はこちらの方が良いかも知れません。

それほど高いものではないので、レンズペンと使い捨てのクリーニングティッシュを使い分けてもいいかも知れませんね。

>> クリーニングティッシュ