ホーム > 交換レンズの基礎知識 >

広角レンズとは?特徴や使い方も

広角レンズで撮影された写真:

広角レンズとは広い範囲(広い角度)を撮影できるレンズのことをいいます。

例えば、一眼レフのレンズキットを購入すると標準のズームレンズがついてくることがあります。このズームレンズでの広角側で(焦点距離を一番短くして)撮影すれば広い範囲が撮影できます。

しかし、もっと広い範囲を写したい時、例えば風景写真などで広がりをもっと持たせたい場合などは広角レンズがあると思ったような写真が撮れることがあります。

広角レンズの特徴は広がりのある写真が撮れるという点は勿論ですが、被写界深度が深く、奥までピントが合う写真が得意というのもその特徴の1つだと思います。そうすることで奥行がでたり、高さが出たり、広がりが出たりします。

目次

単焦点とズームレンズ

広角レンズにも単焦点とズームレンズがあります。

どちらを選ぶか・・・というのはやはり用途にも関係してくることと思います。

ただ、例えば、ちょっと構図を変えたい時などはやはりズームレンズ(例:16-35mm)が使い勝手がいいかも知れません。

尚、何を広角レンズという・・・という明確な定義というのはないのですが、一般的には35mm以下を広角域と呼びます。ですので、広角レンズは35mm以下の焦点距離を持ったレンズと・・・考えてもよいと思います。

焦点距離と角度

それから、広角レンズで大切なのは撮影できる範囲、つまり画角ですが、この画角は焦点距離が短いレンズほど広くなります。

また、フルサイズ機とAPS-Cでは画角も変わってきます。同じ焦点距離でもイメージセンサーが大きいフルサイズ機の方がAPS-Cよりも画角が広くなります。

それから遠近感という意味では、画角が広い方、つまり焦点距離が短いレンズほど強調されるという特徴もあります。

焦点距離とボケ

F値を同じにした場合、焦点距離が短い広角レンズほど背景はぼけにくいという特徴があります。焦点距離が短い方が被写界深度が深くなるからです。

ただ、風景写真などあまり絞りを開けないで(F値を小さくしないで)撮影する場合には、むしろ便利だったりします。

撮影に向いている被写体

さて、広角レンズの使い方ですが、まずどんな被写体が向いているのでしょうか・・・?

広い範囲の写真を撮影できるのが広角レンズの強みですから、向いている被写体は

・風景写真・・・広がりを持たせた広大な風景写真
・室内写真・・・室内を広く写したい場合
・大人数での写真・・・大人数での記念写真など
・建造物・・・横の広がりや奥行を出したい時

・・・といったものになるのかなと思います。

撮り方のコツ

これも広角レンズで撮影された写真ですが、室内を広く見せる広角レンズはやっぱり魅力的ですね↓

(Author: Xander from Yellowknife, NT, Canada)

広角レンズを使って上手に撮影するコツですが・・・

1.被写体に近づく

広角レンズの特徴の1つは遠近感が強く出ることです。その遠近感を強調するには被写体に思い切って近づいて撮影するといいかも知れません。

そうすることで近くにある被写体は大きく、遠くにある副題はより小さく写り遠近感が強調されます。

2.絞りを絞って全体を写す

ズームレンズなどでは被写体の背景をぼかして主役を浮き立たせるようなテクニックが使われることがありますが、広がりを強調できる広角レンズの場合は絞りを絞って(F値を大きくして)背景もシャープに写すことで広がりや奥行、遠近感といったものを強調できるようになります。

3.室内で活用する

広い範囲を撮影できる広角レンズが活躍する場面の1つが室内です。よく雑誌などで建物の中や部屋の中が広く撮影されている写真をみます。ああいった写真が広角レンズを使うことで撮影できるようになります。

広角レンズというとどうしても広い空間を広く写すために使いたくなりますが、狭い空間の方が視覚的な広がりが表現できるかも・・知れません。

4.広さを感じさせる対比物を取り入れる

例えば、広い海を撮影する場合でも広角レンズは使えます。しかし、ただ海を広く撮るだけでは、出来上がった写真がいまいち表現力に欠けていたりすることがあります。

ここで海の広さを強調するには、何か対象となるものや人を入れるのも1つの方法です。そういった対比物を取り入れることによって広がりを強調できるようになることがありますので。

5.見上げるアングルが効果的

広角レンズの特徴を生かすための1つの方法は被写体を見上げて撮影するようなアングルが効果的です。広角レンズはその特徴からパースが生じます。パースとは、近くにあるものを大きく、遠くにあるものが小さく写ることです。

これを逆に利用すると広がりが表現できる・・・というわけです。例えば都会のビルを下から見上げるアングルなどで撮影してみるとものすごく迫力のある写真になることがあります。