ホーム > 応用撮影テクニック >

アートフィルターを使った写真の撮り方(PEN E-P5使用)

一眼レフ、特にミラーレス一眼の機種の中には、印象的で面白い写真が簡単に撮れる機能が備わっていたりします。

オリンパスの場合はアートフィルター、ソニーの場合はピクチャーエフェクトなど呼び方は様々なのですが、今回は僕が使っているオリンパスのPEN E-P5(愛用のカメラのページ)のアートフィルターを使って色々な写真を撮ってきましたので、少しご紹介させてください。

PEN E-P5には12種類のアートフィルターが備わっていて、ホント、面白い写真が撮れるんですよ。

1.ジオラマ

ジオラマのような写真が超簡単に撮れてしまう・・・という面白いアートフィルターです。このフィルターを使った写真と使っていない写真、両方お見せできたら・・・と思っていたのですが、いきなり忘れてしまいました・・(泣)

2.リーニュクレール

これ意外と好きです。(笑)
アニメのような写真になります。

 

Before

 

After (^▽^)

写真がいきなり、アニメに・・・。楽しい機能です。

3.ラフモノクローム

続きまして、ラフモノクロームです。モノクロの写真を少し荒くした写真が簡単に撮れます。

モノクロについてはモノクロ写真の撮り方でもご紹介していますが、下記のように同じようなパターンがある被写体をモノクロで撮っても面白いと思います。またそれについては後程ご紹介したいと思っています。

 

Before

 

After (^▽^)

モノクロ写真もやっぱり面白いですよね。

4.ジェントルセピア

セピア色のどこか懐かしい写真が撮れます。切なさとか、寂しさも表現しやすいフィルターだと思います。

 

Before

After (^▽^)

5.ドラマチックトーン

ドラマチックな写真が簡単に撮れてしまいます。力強さですとか、そういったものを表現したい時なんかにもいいのかな・・と思います。

今回僕が使ったE-P5ではカラーとモノクロで撮ることができますが、今回は被写体に合わせてモノクロにしてみました。

 

Before

 

After (^▽^)

同じアングルなのですが、フィルター1つで全く違う印象になります。

6.デイドリーム

この「デイドリーム」フィルターを使うと、やわらかい写真になったり、ゆるい表現と言いましょうか、そういった写真が撮れます。

 

Before

 

After (^▽^)

7.ライトトーン

「ライトトーン」は↑の「デイドリーム」に似ていますが、デイドリームは「ほんわか」した写真であったり、「ゆるい」写真に適していて、ライトトーンはよりやわらかさとか、優しさを表現するにはいいのかな・・・と個人的には思っています。

 

Before

 

After (^▽^)

これはこれでいいのかな・・・とも思ったのですが、この被写体だと↓のフィルターでも面白そうだったので、撮影してみました↓

8.クロスプロセス

個性的な写真が撮れるフィルターです。現実の世界というよりは、よりイメージの中の世界を表現したい時などはいいのかも知れません。

 

Before

 

After (^▽^)

こちらも面白いかな~と。

9.ポップアート

鮮やかな色を強調したい時に使いたいフィルターです。お花や熱帯魚・・・などなど、赤、黄色、青・・・といった色を強調したい時に使うと面白い写真になります。

 

Before

 

After (^▽^)

10.ファンタジックフォーカス

ファンタジックな写真が撮れます。下記のようにどことなく平凡な写真もあらビックリ・・・! お花とか、女性を撮る時なんかも使えるかも知れませんね。

 

Before

 

After (^▽^)

11.トイフォト

遊び心をわかってくれているアートフィルターです。(笑)
色々な使い方がありそうです。どこか見知らぬ世界をのぞいているようなそんな写真が撮れたり、被写体を際立たせる効果もあると思います。

 

Before

 

After (^▽^)

12.ウォーターカラー

鮮やかで、絵画のような個性的な写真が撮れるフィルターです。

 

Before

 

After (^▽^)

 

長くなりましたが・・・ホント、アートフィルターを使うことで一気に写真の表現方法が広がる感じがして、撮影していてとても楽しかったです。

ちなみに今回使用した機材についてはおすすめのミラーレス一眼愛用のカメラのページでご紹介しておりますので、よかったらそちらも参考になさってください。