ホーム > 交換レンズの基礎知識 >

クローズアップレンズとは?使い方や選び方も

クローズアップレンズとは、最短撮影距離を短くしてくれるフィルターのことです。レンズに装着するだけで手軽にマクロレンズで撮影したものに近い写真が撮れることもあります。

写真はケンコー MCクローズアップレンズ。

撮影距離がレンズから約0.3mです。

利点について

クローズアップレンズは例えば、マクロ撮影をしてみたいけど、マクロレンズを購入するまではちょっと・・・という方におすすめかも知れません。

レンズ購入まで決断できない時はまずクローズアップレンズを購入して写真を撮ってみて、その後にマクロレンズを購入しても遅くはないと思います。

勿論、描写力で言えばマクロレンズにはかないませんが、なんといってもお値段が魅力的です。手頃な価格でマクロ撮影が楽しめる嬉しいアイテムです。

また、ズームレンズでもズームの全域で仕様できるというのも大きな利点の1つです。マクロレンズにはズームレンズが少ないため、フレーミングを変える際に三脚ごとカメラを動かす必要がある場合もあるかも知れません。

ところが、このクローズアップレンズを利用することでズームレンズがそのまま利用できてしまいます。

選び方・使い方

クローズアップレンズを選ぶ際は、レンズのフィルター径に合わせたものを選ぶ必要があります。

クローズアップレンズは撮影する際にレンズの前に装着するだけ。それだけで近接撮影が可能になります。装着する際はフィルターやプロテクターなどは外しておく必要があります。