ホーム > 基礎知識 >

RAWデータとは?

RAWとは英語で生の、加工していない・・・といった意味があります。

デジタル一眼レフでは記録画質をL FineやM NormalなどのJPEG形式に設定することもできますが、他にもRAWデータとして保存することもできます。

でもJPEGで保存できるのに何故わざわざ生のデータで保存しなくてはいけないのでしょうか?

それはRAWで保存されたデータは後程専用のRAW現像ソフトによって、明るさやホワイトバランスなどを自分の思うように設定することができるから・・・です。

JPEGで撮影した場合、例えば、ホワイトバランスを間違うと・・・大袈裟に言うとそれまでですが、RAWデータであればそんなことも心配しないで撮影に集中することができます。

おすすめの設定

ただし、いくら生のデータがいいといっても欠点だってあります。RAWデータは各メーカーの独自のファイル形式だったりするため、後々トラブルがあった場合に復元できなかったりといったトラブルが出てくることもあります。

そこでRAWで撮影する場合はRAW+L Fineという風にJPEG形式でも同時に保存しておくことがおすすめです。