ホーム > 基本撮影テクニック >

順光での撮影、利点と欠点

太陽の光、もしくは光源がカメラの背後から当たっている光をいいます。
光は被写体に向かって当たることになります。こんな感じです↓

写真撮影というと順光が良いと思っている方が多いかも・・知れません。しかし、実は順光というのは案外難しい光線でもあるとも言われたりします。

順光では被写体に光が直接当たります。

そのため、鮮やかな写真になったり、細部までしっかりと撮れやすくなります。また、光が全体的に被写体にあたりますから、露出もオートまかせでも問題なかったりしますし、色や形もはっきりと写ります。

そういった利点もありますが、順光にも欠点があります。

色や形がはっきりと出る順光ですが、料理であったり人物を撮影するとのっぺりとした感じの写真になってしまうことがよくあります。

また、順光だと光が被写体に直接当たるので、人物写真などの場合は、光がまぶしくてまともにカメラを見れなかったりというデメリットもあります。

順光やサイド光、逆光についてはお料理やカフェでの写真の撮り方と光でもご紹介しておりますのでよろしければそちらも参考になさってください。